ハッキング

2008年11月09日

1: ◆SCHearTCPU @説教部屋に来なさい→胸のときめきφ ★: 2008/11/09(日) 09:36:03 ID:???0 BE:2469031698-2BP(111)
かつての勤務先に恨みを持った元会社員らが、高度な情報操作が可能な「特権ID」と呼ばれる 管理者用のIDやパスワードを悪用し、会社のサーバーに不正アクセスする事件が相次いでいる。昨年以降、不正アクセス禁止法違反容疑などで計七人を逮捕した警視庁は「IDやパスワードは小まめに変えてほしい」と、被害に遭った会社側にも注意を呼び掛けている。「会社が派遣社員の給与をピンハネしていたとニュースで知り、いい気味だと思った。情報を知りたくて役員らのメールを見た」。同法違反の疑いで今年九月、警視庁に逮捕された三十代の会社員の男は、かつて勤めていた東京都内の人材派遣会社への恨みを犯行動機に挙げた。男はこの会社のシステム管理部門に所属していたが、上司とけんかして四年前に退社。しかし、同社はそれ以降も、特権IDやパスワードを変更しておらず、男は会社のサーバーにアクセスし、約一万三千件のメールを盗み見たとされる。新生銀行(東京)の社内ネットワークに侵入し、ファイルを削除したとして、今年六月に逮捕されたインド人の三十代の男は「三年も働いたのに正社員への採用を断られ、腹が立った」と供述。男は昨年十月まで同行に派遣社員として勤務していたが、男が辞めた後も不正アクセスを許す状態が続いていた。企業向けセキュリティーシステムを提案する「NTTソフトウェア」(同)の広報担当者は「セキュリティー対策は、売上高に直結しないため、おざなりにされた面がある」と指摘する。顧客データの管理などで新システムが導入されるとIDの数も増え、管理者の負担は膨大となる。
(中略)
警察庁がまとめた不正アクセスの発生状況によると、IDなどを知りうる立場にあった元社員らがファイルを削除するなどした同法違反事件は、二〇〇六−〇七年で八十八件に上っている。警視庁ハイテク犯罪対策総合センターは「信用にかかわるため、被害を届け出ない企業も多い。発覚した事件は氷山の一角にすぎない」と、企業の甘いシステム管理に警鐘を鳴らしている。

*+*+ 東京新聞 2008/11/09[**:**] +*+*
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2008110902000089.html

続きを読む

kuzuyaro at 16:16|PermalinkComments(1)TrackBack(0)clip!

2008年11月08日


20081108_120081108_top

『ニンテンドーDSi』がもうハッキングされた? 日本発売からまだ3日しかたっていないのに?

『Joystiq』が紹介している『YouTube』の動画(上)では、確かにDSiで『ハロー、ワールド!』(Hello World!)プログラムが実行されている。[「Hello World!」は、プログラマーがこれまで使ったことがなかった環境で初めてソフトウェアを作るとき、最初に表示させる定番の言葉]

もしこの動画が本物なら、DSiのソフト自作コミュニティーを繁栄させる――あるいはハッキングへの扉を開く――非公認のソフトウェアへの第一歩になる可能性がある。

発売3日でハックされた?『ニンテンドーDSi』動画
http://wiredvision.jp/news/200811/2008110619.html
続きを読む

kuzuyaro at 15:24|PermalinkComments(5)TrackBack(0)clip!

2008年10月26日

1:☆ばぐた☆ ◆JSGFLSFOXQ @☆ばぐ太☆φ ★: 2008/10/24(金) 18:25:51 ID:???0
・米Microsoftが中国のユーザーに正規版ソフトを購入させるための海賊版対策
 ツールを立ち上げたことに、同国のネットユーザーが怒りを表明している。
 この「WindowsGenuineAdvantage(WGA)」プログラムは、インストールされてい
 るソフトが正規版かどうかの診断に合格しなかった場合、画面を真っ黒に変える。
 中国の海賊行為と戦うMicrosoftの最新の武器だ。同国では、2億人のコンピュー
 タユーザーの大多数が、そうと知りながら、あるいは知らずに海賊版ソフトを使
 っていると考えられている。

 「どうしてMicrosoftが自動的にわたしのコンピュータに接続するのか。このコ
 ンピュータはわたしのものだ!」と、憤慨したあるブロガーは中国の人気Webポ
 ータルSina.comに記している。「Microsoftには、わたしの同意を得ずにわたし
 のハードをコントロールする権利はない」
 別のブロガーは、正規版の価格を非難している。
 「正規版が海賊版より安ければ、海賊版を買う人などいない」
 ある北京のインターネットカフェの利用者は、Microsoftが人々の権利を侵害し
 ていると主張している。
 「プログラムを書いているときにコンピュータの画面が真っ黒になったら、おそ
 らく重要な情報が失われるだろう。その損失を誰が埋め合わせてくれるのか」

 北京の弁護士ドン・チェンウェイ氏(35)は、Microsoftを「中国最大のハッカ
 ー。ユーザーの同意もなく、法的な権限もなくコンピュータに侵入している」と
 表現していると、ChinaDailyは記している。
 「Microsoftの対策は、ユーザーのコンピュータに深刻な機能的ダメージを引き
 起こす。中国の刑法では、システムへの侵入やハッキングで起訴される可能性が
 ある」と同氏は語ったと伝えられている。
 「Microsoftが自社の知的財産を守る権利は尊重するが、同社は間違った方法で
 誤ったところに狙いを付けている。ユーザーではなく、海賊版の製造者と販売者
 を標的にするべきだ」

 Microsoftは自社のサイトで、WGAプログラムを「当社の知的財産を守り、ユーザ
 ーが問題を事前に避けられるよう支援する取り組み」の一環だと弁護している。
 http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0810/24/news006.html
続きを読む

kuzuyaro at 21:39|PermalinkComments(14)TrackBack(0)clip!

2008年09月12日

1おっおにぎりがほしいんだなφ ★: 2008/09/11(木) 10:42:09 ID:???0

米Akamai社が発表した2008年第2四半期のインターネットの現状調査(PDF)による
と、米国におけるインターネットの普及は、いくつかの国々より遅れている。

また、韓国は非常に高速のインターネット・アクセスを実現していて、日本は
「攻撃トラフィック」の発信源として世界をリードしている。

インターネットの普及に関して米国より進んでいる国および地域は、スウェーデ
ン、ノルウェー、アイスランド、フィンランド、オランダ、英領ケイマン諸島だ。
米国はその後の7位につけている。このインターネット普及率は、総人口に対す
るユニークIPアドレスの数で算出している。

攻撃トラフィックの発信源、すなわち「分散型サービス拒否」(DDoS)攻撃や、ハ
ッキング行為、DNS(ドメイン・ネーム・システム)ハイジャックのトラフィック
が特に多かったのは、日本[30.07%。前期の3.56%(7位)から急浮上した]、米国
[21.52%]、中国[8.90%]、ドイツ [5.56%]だった。その後を、ウクライナ、韓
国、台湾、フランス、ロシア、ポーランドが続いている。

インターネット接続の速度に関しては、上から韓国、日本、香港、スウェーデン、
ベルギー、米国、ルーマニア、オランダ、カナダ、デンマークの順となっている。
 [ネット接続全体に占める5Mbps以上の高速ブロードバンド接続の割合を算出。
 トップ3は韓国64%、日本52%、香港37%となっている]

報告書によると、韓国は政府による支援のおかげで、ブロードバンド接続の普及
率で他国を大きく引き離している。さらに、韓国では光ファイバーの敷設がより
簡単な集合住宅が、全住宅の50%以上を占めていることも、ブロードバンド普及
率に貢献しているという。


ソース:wiredvision
http://wiredvision.jp/news/200809/2008091122.html
(注:pdfです)2008年第2四半期のインターネットの現状調査 English
http://blog.wired.com/business/files/akamai_state_of_the_internet_q2_2008.pdf
続きを読む

kuzuyaro at 17:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!